男性の肌荒れの悩みで多いのは顔にできるニキビの問題。ニキビは顔にしかできないと思っていませんか?実はニキビは顔以外にもできてしまうのです。よくできる場所で代表的なのは背中。背中は自分で直接見て確認するのが難しいので、なかなか気づかない箇所です。気温が高くなってくると、薄着になる場面も増えてきます。今回は背中に出来たニキビを治すためのおすすめのケア方法を紹介します。

背中ニキビの原因とは?

背中は身体の中でも皮脂や汗の分泌が多い部分です。また服を着ていると蒸れやすく雑菌が繁殖しやすくなります。また顔とは違い背中は洗いにくい部分です。しっかり洗えていなかったり、ボディソープの洗い残しがあったり、汚れがとれず皮脂が詰まり背中ニキビができてしまうのです。

背中ニキビのおすすめケア用品

オロナイン

顔にできたニキビのケア用品として定番なのは『オロナインH軟膏』。実は背中ニキビにも有効です。軽度の場合にはまずはオロナインを塗るのがおすすめです。

セナキュア

小林製薬の『セナキュア』は背中ニキビの治療を目的として開発された商品です。スプレータイプのため薬が塗りにくい背中にも簡単に塗布することができます。

クロマイ-N軟膏

第一三共ヘルスケアの『クロマイ-N軟膏』は市販薬で唯一カビの繁殖を抑えてくれる抗真菌成分「ナイスタチン」を配合している商品です。様々なニキビの原因菌に対応している商品です。

 

背中ニキビのおすすめ予防方法

頭を洗ってから背中を洗う

お風呂に入る際には頭を先に洗うようにしましょう。背中をしっかり洗っても頭をその後に洗ってしまえばシャンプーが背中に付着し、すすぎ残しが発生する可能性があります。

肌触りがよく通気性のある服を着る

肌触りの悪い服は刺激を与えてしまいニキビを発生させてしまいます。天然素材の柔らかい服を選ぶようにしましょう。また通気性のある服は蒸れにくいためニキビを発生しにくくします。

脂質や糖質の多い食べ物は避ける

脂っこい食べ物や甘い食べ物は脂質や糖質が多く含まれており、皮脂を過剰に分泌し毛穴を詰まらせてしまいます。背中だけでなく顔などにもニキビができやすくなるので、なるべくさけるようにしましょう。

しっかりと睡眠をとる

睡眠不足は免疫力を下げニキビが発生しやすくなります。規則正しい生活をしてしっかりと睡眠をとるようにしましょう。

 

まとめ

背中ニキビは一度できるとなかなか治らずしつこいのが特徴です。夏がやってきても背中が汚くて薄着になれない!背中が見えてしまうので水着になれない!なんて事にならないよう今のうちからケアをしていきましょう!

おすすめの記事