「男女の肌には、どんな違いがあるの?」

「女の人と同じスキンケアをしても大丈夫なの?」

 

というような悩みや疑問を抱えている男性読者は多いでしょう。

男がスキンケアについて学ぶ機会は、さほどありません。

このような悩みや疑問が出てくるのは、ある意味当然でしょう。

 

本記事では、男と女の肌における違いについて、詳しく解説します。

合わせて男の肌に適切なスキンケアについても触れています。

ぜひ、参考としてください。

 

男と女の肌には、どんな違いがあるのか

まずは男女の肌には、どんな違いがあるのかおさえておきましょう。

違いが理解できていれば、男性も正しいスキンケアを実施できるようになります。

 

肌の厚さが違う

まず、男女では肌の厚さが違います。

男性の方が、女性よりも0.5mm程度厚いと言われています。

 

0.5mmというと、ほんのわずかな違いでしかない、と考えるかもしれません。

しかしたったこれだけの違いが、肌質を大きく左右しています。

肌というものは、薄ければ薄いほど、つややかで柔らかくなります。

 

一方で肌が厚いと、ガサガサして硬いものになるわけです。

肌が荒れているように見える、というわけですね。

 

つまり男性の方が、もともと肌質は悪くなりやすい、ということが言えます。

むしろ男性の方が、女性よりも丁寧なケアを必要とします。

水分量が違う

また、肌に含まれている水分量も、全く違います。

男性の肌に含まれている水分量は、女性の約半分とも言われています。

 

水分量が少ないということは、乾燥しやすく、しみやシワができやすいということ。

男性がスキンケアをする場合は、できるだけ水分量の確保、つまり保湿がカギになります。

皮脂の量が違う

また、皮脂の量が違います。

男性の肌は、女性と比較して2~3倍の皮脂を分泌する性質があります。

つまり毛穴が大きく開き、脂性にもなりやすい、というわけですね。

一方で紫外線などの影響を受けにくい、という利点もあります。

 

肌ケアも、男女において違いがある! 男性の正しいスキンケア

以上のように、男女の肌には大きく違いがあります。

女性とはまた違うスキンケアの方法が必要となるわけですね。

 

とは言え、そんなに難しいことではありません。

要するに、上記3つの違いをカバーしてあげればいいわけです。

 

  • 肌が厚く、ガサつきやすい→化粧水で十分なうるおいを
  • 水分量が少ない→同じく化粧水をたっぷり使い、贅沢に乳液を使う
  • 皮脂の量が多い→皮脂を落とす力がある洗顔料で洗顔する

 

というわけですね。

この点だけでもきちんと意識していれば、スキンケアの効果は大きく変わります。

ぜひこの3点を意識して、スキンケアに取り組んでみてください。

男性の肌は、ある意味女性よりも繊細。

大切にしてあげましょう。

おすすめの記事