「ニキビができて困っている・・・」

「ニキビを治すため、皮膚科に行くべきか・・・?」

というような悩み、疑問を抱えている人は多いでしょう。

 

結論から言えば、ニキビで悩んでいるときに皮膚科へ行くことは、良い選択肢となり得ます。

本記事では、ニキビについて悩んでいるとき、皮膚科で診てもらうメリットを解説します。

合わせて注意点も書いているので、参照にしてください。

 

男性のニキビに困った時に、皮膚科で診てもらうメリット

男性のニキビを理由として、皮膚科で受診することには、様々なメリットがあります。

適切な薬が手に入る

まず、ニキビ治療に適して適切な薬を手に入れられるという点が挙げられます。

 

皮膚科医は、ニキビの症状・類型を診て、もっとも効果的な薬を処方します。

飲み薬にするか、塗り薬にするか、というような判断もしている訳です。

 

そして実験などで安全と効果が確認された、優秀な薬を入手できます。

一例をあげれば、

 

  • デュアック
  • エビデュオ
  • ヒルドイド
  • アクアチムクリーム

 

などですね。

いずれもニキビの改善効果が非常に高いことで知られている薬です。

ちなみに効能などは、「メディカルオンライン」というデータベースで詳細が確認可能です。

また、ヒルドイドについては、高級なスキンケアクリームと同じくらいスキンケア効果あるとも言われています。

筆者もヒルドイドローションを使っていますが、じゅうぶんな効果が感じられています。

 

安く上がることが多い

高級志向に走っている市販のニキビケアアイテムと比較すると、安く上がることが多いです。

 

たとえばヒルドイド2本程度であれば、診察料で1,500円程度。

処方料として1,000円程度、つまり2,500円程度で手に入れることが可能です。

なおかつ、医学的に効果が実証されているものが使えるという訳です。

 

3,000円も4,000円もするような市販のニキビケアクリームと比較すると、圧倒的にコスパが良かったりします。

ただし、必ずしも市販のニキビケアクリームが持つ効能を上回るとは限りません。

あくまでも個人差というものが、常に関わってきます。

 

男性のニキビに困った時、皮膚科へ行く際の注意点

 

一方で、やたらと高額な料金がかかる皮膚科もあります。

大抵の場合は、「○○クリニック」というような看板を掲げています。

全てのクリニックが高額料金を請求してくるわけではありませんが、一応注意しておきましょう。

 

まとめ

  • 男性のニキビを理由に皮膚科へ行くのは選択肢としてアリ
  • 適切な薬を手に入れられる
  • 比較的安く上がることも多い
  • ○○クリニックというような看板を掲げている場合は、高額になるかも?

 

ニキビは、れっきとした皮膚科受診すべき案件です。

迷うくらいなら、皮膚科で診てもらったほうが良いでしょう。

市販のもので対応するよりも、良い結果になることも多いです。

おすすめの記事